更年期サプリの成分

更年期障害で悩んでいる女性は、少なくありません。更年期障害とは、性腺ホルモンが低下することによって発生します。

特に、女性の場合には卵巣機能の低下、ホルモンバランスがみだれてしまうことで発生する症状です。

改善するための薬なども販売されていますが、できれば更年期サプリなど安全なもので改善したいと思いませんでしょうか?

今回、更年期障害の改善効果があるといわれる成分をご紹介します。ぜひ、チェックしてみてください。

女性ホルモンと同じ働きをする成分とは?

ここからは女性ホルモン「エストロゲン」と同様の働きをする成分をご紹介していきます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをする

美容効果が高いといわれる大豆イソフラボンは、ポリフェノールの仲間です。

女性ホルモン「エストロゲン」と同様の働きをする成分で、植物エストロゲンと呼ばれ、期待されている成分です。

大豆イソフラボンを多くふくんでいる食品は、ダイズやクズなどのマメ科植物に多く含まれている成分です。

植物由来の成分なので、からだにも優しいのが特徴です。

大豆イソフラボンの効果で有名なのは、肌の弾力や美容に対する効果ですが、それだけではありません。

大豆イソフラボンは、更年期障害改善効果や骨粗しょう症予防効果も高いとして注目されている成分なのです。

大豆イソフラボンを摂取することで作られるエクオールとは?

エクオールとは、大豆イソフラボンの一種であるダイゼインから作られる成分で、腸内細菌によって代謝されます。

あまり聞かない名前ではありますが、エクオールで検索をしてみてください。

たくさんの健康に関する情報がでてきたのではないでしょうか。

大豆イソフラボンには、更年期障害に効果があるとご紹介しました。

しかし、大豆イソフラボンが誰にでも必ず効果があるというわけではありません。

実はイソフラボンの効果が出にくい人と出やすい人というのがいます。

そのイソフラボンの効果が出やすい人が持っているのが、「エクオール」を作るための腸内細菌なんです。

イソフラボンを体内に取り込むと、ダイゼインという成分になります。

このダイゼインのままでは、効果が得られません。

ダイゼインが、エクオールに変換されることで、女性ホルモンと同様の働きができるようになるのです。

そのため、正確には大豆イソフラボンそのものではなく、大豆イソフラボンが変化したエクオールが更年期障害に効果を持っている物質なんです。

エクオールに変換するために活躍してくれるのが、腸内細菌「エクオール産生菌」です。

日本人では、エクオール産生菌を持っている人は、約43パーセントだといわれています。

エクオールを作れる体になるために、重要となるのが生活習慣です。

豆腐・豆乳・食物繊維などの栄養を規則正しくとることが、エクオールを作れる体へと近づけてくれるのです。

ローヤルゼリーも女性ホルモンと同じような成分がある

次に、女性ホルモン同様の働きをするといわれているのが、ローヤルゼリーです。

やはり美容にいいとして有名な成分ですが、ローヤルゼリーは市販のはちみつなどに比べて非常に高い栄養価をもった女王蜂だけが得られる蜜のことです。

更年期障害に効果があるといわれるのが、ローヤルゼリーの中に含まれるデセン酸・パントテン酸の二つです。

更年期障害はストレスなどの影響でも発症しやすくなります。

ローヤルゼリーに含まれる成分のパントテン酸は、ストレス軽減効果があるため、更年期障害にも高い効果があると期待されています。

また、デセン酸はローヤルゼリーにのみ含まれる成分で、大豆イソフラボンから作られるエクオールと同様の働きをしてくれます。

ブエラリアやザクロも同様の効果が期待できる

では、大豆イソフラボン・ローヤルゼリー以外にも、女性ホルモンと似た効果を持つ成分はあるのでしょうか。

大豆イソフラボン・ローヤルゼリーは、最善の成分です。

それ以外では、プエラリアやザクロにも同様の女性ホルモンに似た効果があるといわれています。

「プエラリア(プエラリアミリフィカ)」は、女性に嬉しいバストアップ効果があると言われる成分です。

あまり聞かない名前ですが、プエラリアとはハーブの名称です。

女性ホルモンと似た効果を持っている成分ですが、しかし、過剰摂取で副作用が出てしまう危険もあるため、摂取には注意が必要な成分です。

ザクロは、果物で女性ホルモンと似た効果を持っているといわれています。

しかし、過去に行われた国民生活センターの調査でザクロから有効成分が検出されなかったという報告もあるため、効果のほどは微妙です。

確実性で言えば、やはりローヤルゼリー・大豆イソフラボンがおすすめと言えるでしょう。

自律神経を整える成分とは?

自律神経の乱れは食欲の不振や胃腸の不調、めまいや動悸の原因となります。

ここからは更年期障害によって起こる自律神経の乱れの改善に効果のある成分をご紹介していきます。

サポニンが自律神経を整えるのに効果的

「サポニン」とは、マメ科の植物や高麗人参に多く含まれている成分です。

実は、更年期障害改善目的のサプリメントでは、大豆イソフラボンと並ぶほど有名な成分です。

マメ科植物の根や葉などから抽出することが可能で、コーヒーの苦味になります。

サポニンは、様々な効果を持っているといわれる成分ですが、植物の種類によって効果が違うのもサポニンの特徴です。

特に、高麗人参に含まれるサポニンの種類は30種類以上と言われています。

サポニンの効果は、以下の5つの効果が特に有名です。

①抗酸化作用:血管内に脂肪が蓄積されるのを抑制し、悪玉コレステロールが作られるのを防ぎます。

②免疫力向上効果:リンパ球の1種「ナチュラルキラー細胞」を活性化することで、ウイルスから体を守ります。

③肥満予防効果:ブドウ糖と脂肪酸が結合されるのを防ぎ、肥満になるのを予防します。

④血流改善効果:血液中に血栓ができるのを予防します。
血流を改善することで、更年期障害にも効果が期待されています。

⑤肝機能向上効果:中性脂肪やコレステロールなどが活性酸素によって酸化された物質である過酸化脂質を抑制する効果があります。

サポニンが多く含まれている高麗人参とは?

サポニンが含まれるもので有名なのは高麗人参です。

高麗人参と一口にいっても、高麗人参が実った後には何年も土の中で寝かせる必要があります。

そうすることによって、地面の土の栄養を吸収し、何年もかけて高麗人参は熟成していくのです。

そのため、高麗人参でも早く土から出してしまうと、あまり効果のほどが期待できません。

高品質の高麗人参は大体4年から6年程度は、土の中で寝かせる必要があるのです。

高麗人参の質は、やはりサポニンの配合量にも影響を与えるため、サポニンを効率的に摂取するためにも高麗人参の質にはこだわりましょう。

田七人参はサポニンの量が高麗人参の数倍

サポニンを含む食品として高麗人参以外にも、田七人参があります。

田七人参は、高麗人参と同様の成分で、高麗人参の数倍のサポニンを含んでいます。

ただし、含まれるサポニンの種類としては高麗人参の方が多くなります。

田七人参がベースになった更年期サプリも多く販売されています。

更年期障害の緩和やアンチエイジングにも効果がある成分とは?

アンチエイジングや更年期障害の緩和に効果がある成分をご紹介します。

プラセンタは更年期・美容に効果的

美容に効果があり、更年期障害にも高い効果があるといわれているのが、プラセンタです。

よく耳にする成分でもありますが、プラセンタについてご存知でしょうか?
プラセンタとは、胎盤のことを言います。

母体と胎児をつなぐ胎盤から抽出されたエキスがプラセンタです。

更年期障害に影響を与える「ホルモン」の分泌量を調整する効果があり、さらに血行促進効果・抗酸化作用もあります。

また、イライラなどを抑える自律神経を調整してくれるのも魅力的です。

プラセンタには、女性に重要な卵巣の働きをサポートすることで、更年期障害の原因でもあるホルモンバランスを整える働きがあります。

ポリフェノールの抗酸化作用が美容に効果あり

更年期障害だけではなく、アンチエイジング効果もあるのが、ポリフェノールです。

ポリフェノールも有名な成分ですが、強い抗酸化作用を持っている成分です。

ポリフェノールは、ブドウやリンゴに含まれている成分です。

紫外線が与える外的なストレスから身をまもるだけではなく身体を老化に導く活性酵素の働きを抑えます。

ポリフェノールの種類は、5000以上もありますが、どれも抗酸化作用が強いのが特徴です。

その中でも、特に更年期障害に効果があるといわれるのは、ポリフェノールの一種「プロアントシアニジン」です。

ストレスの緩和や活力増強・疲労回復に効果のある成分

ここからは更年期障害が悪化する原因となるストレスの緩和や活力増強・疲労回復に効果のある成分をご紹介していきます。

マカ

更年期障害の症状には、のぼせや頭痛があり、どれも元気がなくなってしまう大変なものばかりです。

疲労だけではなくストレスもどんどん蓄積されてしまいますが、それを改善する効果があるのがマカです。

マカとは、アンデスの女王と呼ばれるアブラナ科の根菜です。

厳しい南米の環境を生き抜いたマカだからこそ、非常にすぐれた栄養を持っている植物なのです。

代表的なマカに含まれる成分は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれているのが特徴です。

他の植物と比べても何倍もの鉄・カルシウムが配合されています。

基礎体力を維持する効果や、すぐれた疲労回復効果があるため、サプリメントや強壮剤として見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

マカは男性のものではなく、実は女性にこそおすすめの成分です。

特に、更年期障害や不妊症、肌荒れ、月経不順といったホルモンバランスで発生する不調に強い効果を与えてくれます。

ギャバ

ギャバも非常に有名な成分ですが、ギャバはストレス軽減効果が高い成分です。

カカオに含まれるギャバは、ストレスを軽減する効果以外にも魅力的な効果がいくつもあります。

例えば、血圧を下げる効果、不眠症の改善効果などのリラックス作用がとくに優れています。

更年期障害でたまったストレスの緩和にも、おすすめな成分なのです。

テアニン

テアニンのテアは、「TEA」お茶のことだといわれています。

その名の通り、緑茶に含まれているアミノ酸の一種で、緑茶のうまみ成分です。

テアニンは、寝る前に緑茶を飲めばぐっすりと快眠できるといわれるほどの高いリラクゼーション効果を持っています。

不眠症で悩む若い人にも、ぜひ摂取してほしいのが、テアニンですがもちろん更年期障害にも効果があります。

ただ、注意してほしいのが、緑茶に含まれるからと言って、熱いお茶で呑んでしまうとテアニンよりもカフェインが強く出るので、注意しましょう。

水出しで、緑茶を飲むのがおすすめです。

緑茶から摂取することも可能ですが、さらに効果的なのはやはりテアニンのサプリメントでしょう。

ジャスミン

ジャスミンは、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ジャスミンの香りはアロマとして使われ、リラクゼーション効果が高いとして親しまれています。

すぐれたリラクゼーション効果だけではなく、抗うつ作用や強壮作用ももっています。

ジャスミンは、モクセイ科の熱帯植物で中国原産のものが多いです。

植物由来の成分なので、服用する際にも体に安心の成分と言えそうです。

ただ、ジャスミン茶はジャスミンそのものではないため、できるだけジャスミンのサプリメントなどで摂取するのがおすすめです。

その他の更年期障害に効果のある成分一覧

上記でご紹介した成分以外にも更年期障害の改善に効果がある成分をご紹介していきます。

亜鉛

亜鉛は、女性の更年期障害だけではなく男性にも効果が高い成分です。

人間の体に必要な成分で、髪の毛や体の不調にまで効果があるといわれています。

実は、亜鉛は人間の体内に約2000mg存在しています。

そして、骨格筋や骨、皮膚などの部位を作るタンパク質合成に必要な成分なのです。

必須ミネラル16種にも含まれており、食事からできるだけ摂取しておきたい成分ですね。

老化防止の効果も高いため、できるだけ意識して亜鉛を摂取しましょう。

ビタミンB9・B12

ビタミンB9・ビタミンB12とは、その名のとおりビタミンの種類です。

体を動かすために必要な栄養素の働きをサポートするのがビタミンです。

水溶性ビタミンに分類される「生理活性物質」であるビタミンB9は、葉酸のことを言います。

体内で変換されることで、補酵素となり、アミノ酸の合成に必要です。

ビタミンB12は、水溶性ビタミンであるビタミンB群のことです。

ビタミンB12の役割は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けます。

そのため、ビタミンB9・ビタミンB12は一緒に摂取してほしい栄養素です。

葉酸

葉酸とはビタミンB群の一種で、身体の外側だけではなく中からきれいに整える栄養素です。

しかし、摂取するのが難しいことでも有名です。

更年期サプリなどを利用して葉酸を意識して摂取することは、更年期障害対策には非常に重要と言えるでしょう。

カルシウム

カルシウムは、知っている方がほとんどではないでしょうか。

骨や歯を作るために必要な栄養素ですが、それ以外にも重要な役割を持っているのをご存知でしょうか。

カルシウムによって、ホルモンを分泌させたり、細胞分裂が行われるのです。

カルシウムがなくなると、人間は生きていけません。

更年期サプリを利用して積極的に摂取してカルシウム不足になるのを予防しましょう。

DHA・EPA

人間が自分で作ることができないのが、必須脂肪酸DHA・EPAです。

EPAは、血液を健康に保つことによって、血栓をできにくい身体にします。

更年期障害だけではなく、動脈硬化や心筋梗塞も防いでくれる効果が期待されているのです。

EPAだけではその効果も高くないため、DHAを共に摂取して、より効率的に血液を正常に保ちましょう。

セサミン

セサミンとは、ゴマグリナンの一種で脂溶性の抗酸化物質です。

食品のゴマに含まれており、肝機能の向上効果を持っています。

また、優れた抗酸化作用を持っているため、更年期障害にも高い効果を与えるといわれています。

更年期サプリ

「更年期サプリの成分」 一覧

no image

更年期サプリの成分

ローヤルゼリーの効果・効能|はちみつに含まれる成分や副作用・おすすめのサプリメント

2018/7/25  

ローヤルゼリーが体にいいという話を聞いたことのある人は、多いのではないでしょうか。ここでは、具体的にローヤルゼリーがどのようにいいのか、その魅力に迫っていきます。 特に更年期障害で悩まれている方、必見 ...

no image

更年期サプリの成分

ポリフェノールの効果・効能|種類や摂取量・多く含まれている食品や飲み物

2018/7/25  

ポリフェノールという名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 コーヒーなどでしばしば見かけるポリフェノールですが、更年期にも効果的な成分なのです。 そこで、改めてポリフェノールが持つ効果につ ...

no image

更年期サプリの成分

「マカ」の効果や成分・副作用をチェック!おすすめのサプリもご紹介

2018/7/4  

精力剤などによく用いられる成分として多くの方に知られている「マカ」ですが、実は更年期の症状にも効果的だということをご存知でしたか。 今回はこのマカがどうして更年期の症状に効果があるのか、マカが含まれる ...

no image

更年期サプリの成分

「サポニン」の効果や副作用・毒性・1日に必要な摂取量をチェック

2018/7/3  

更年期でお悩みの方は少なくありませんし、最近では、更年期にかかる方の若年化が進んでいますから、まだそんな年齢ではないという方も十分に注意しなければいけません。 更年期の際に積極的に摂取したいサポニンと ...

no image

更年期サプリの成分

「プラセンタ」は更年期におすすめ!効果や注意すべき副作用をチェック

2018/7/3  

エイジングケアコスメなどに必ずといっていいほど含まれている成分「プラセンタ」。 よく聞く言葉ではあるけれど、実際のところ、「プラセンタ」が一体どんなもので、どんな効果があるのかということについてまでは ...

no image

更年期サプリの成分

エクオールの効果・副作用は?人気のエクオールサプリの特徴や選び方を徹底調査

2018/7/26  

近年、更年期障害の緩和に効果があると女性向けの雑誌やインターネット広告で話題となっている成分「エクオール」。 エクオールが更年期を迎えた女性に良い栄養成分であることはイメージできても、具体的にどのよう ...

no image

更年期サプリの成分

「大豆イソフラボン」の効果・多く含まれる食品・1日の摂取量・副作用をチェック

2018/7/3  

1度は耳にしたことがある人が多いであろう「大豆イソフラボン」。 しかし、具体的に大豆イソフラボンがどんなものなのか理解していない人も実は沢山います。 漠然と「体に良い成分」だとは知っていても、実は分か ...

Copyright© 更年期 サプリ 選び方|イライラ・めまい等の自律神経の乱れの症状改善 , 2018 All Rights Reserved.